足のむくみが神田出張マッサージでスッキリ!

デスクワーク中心の仕事なので、どうしても仕事が終わった後は、足のむくみが気になり、履いていたパンプスがパンパンになることも多々あります。特に冬場はブーツが入らなくなることもあるため、ブーツを履く時には、かなり苦労することもあります。体の歪みも大きな原因になっていると知り、出張マッサージを利用して施術を受けてみました。マンションまで施術をしに来てくださるので、わざわざ行かなくて済むのは便利です。ちょうど自宅まで来てくれるので、人気がある出張マッサージを受けることにしました。ネットで情報収集を行い、費用や時間帯・空き状況をチェックしてから予約を取りました。そして出張マッサージの口コミもチェックし、なかなか良さそうなところを利用することにしました。実績ある方が安心できますし、口コミ情報はとても参考になるので、こうした情報は必要だな?と実感するようになり、定期的に出張マッサージを利用するようにしています。

粋な街、神田の魅力

東京都千代田区の中心にある神田は、皇居からみると南・北方向へ広がる地域で、江戸に幕府を開く際、戦略的に有力な大名屋敷西・北の台地を配し、低湿地帯である南・北に町家を集めたことに始まります。
赤坂の山王神社と神田にある神田明神は江戸を二分し、天下祭りといわれて全国的に有名になりました。

神田明神は1300年近い歴史を持つ神社で、出雲氏族である真神田臣が出雲を代表する大己貴命を祀ったのが始まりとされていますが、神田明神の祭神としては平将門が有名です。

平将門は10世紀前半に活躍した武将として有名ですが、将門の首が祀られた墳墓周辺で異変が頻発したことから、神田明神に将門の霊も祀るようになりました。

戦国時代になると将門に祈願すると勝負に勝つということから、神田明神は関東の武将達に大切にされ徳川家康も手厚く保護し、江戸城の北東に遷座して現在の位置になりました。
明治維新によって江戸城の跡地が皇居となった後、さまざまな苦難が押し寄せますが、氏子達の懸命な活動によって第三神として将門は本社に復帰し現在に至っています。