神田出張マッサージで全身が軽くなった

出張でよくホテルを利用することがあります。
その時、ほとんどグタグタの状態で入ります。
お酒も飲んでいることもあり、とても疲れた状態なのです。
しかし翌日は、しっかり仕事をすることが必要なので体を回復させることにしました。

そんな時、お風呂に入るのもいいですね。
しかしそんな時間がない時には、出張マッサージを受けることにしています。
それは、とても気持ちがいいと思うことと、その他にもたくさんの良さを感じることができます。
その中でも、一番は体が軽くなることなんです。
体が重いと思ったときは、体を動かすことが嫌になりますね。
その時、一晩で軽くなれるのは出張マッサージです。
これをうけて翌日の仕事を頑張っています。

東京都神田といえば、神田古書店街

東京都神田といえば、多くの人が思い浮かべるのは神田古書店街ではないでしょうか。噛んだ神保町のこのエリアには、100軒を遥かに超える古書店が並び、都内に流通する古書の約3分の1がここで扱われていると言われています。学生時代には神田の古書店街に入り浸っていたと語る作家もたくさんいます。日本を代表する大作家の1人、幸田露伴は神田の出身で、神田駿河台にある山の上ホテルは文人の宿としても知られています。
また、神田には明治大学、日本大学、専修大学等、大学の数も多く、神田外語学院や駿台予備学校があるなど、学術的なイメージが高い街です。
一方で、南こうせつのヒット曲「神田川」からも想像できるように、都心にありながら庶民的な雰囲気を残しているのも神田の特徴です。神田小川町には、神田スポーツ街と呼ばれるスポーツ用品店が並ぶ通りがあり、また、秋葉原はJR山手線でわずか1駅です。
神田をはじめ、秋葉原、日本橋、丸の内などの総氏神である神田大明神で行われる神田祭は、江戸3大祭りの一つとなっています。

ホームに戻る